おみそれ

カテゴリ:ラオス

朝8時半、宿で頼んでおいた朝食を食べながらボートで9時間かけてフエサイへ移動です。 昨日同様、同じメンバーでの移動なので会話は無くても心はひとつ。 バス移動とは違い、足を伸ばしたくなったら歩いたりコーヒー飲んだり出来るので優雅極まりないこと!贅沢! タイとラ ...

え?5時起きってなんのこと? 起きると6時半、荷物をまとめて出発の用意。 托鉢はもう・・・いいです・・・ミャンマーで見たし・・・もう見たし・・・ さて、我々はこれからタイのチェンマイを目指して移動していきます。 調べたところによると、ルアンパバンからバス ...

早朝5時起き、無理でした! 托鉢は明日へ持ち越しです。 果たして起きられるのか、起きる気はあるのか。 今日はクァンシーの滝へ行く予定でしたが連日のレジャースポーツの疲れから旦那がダウン! (腕立てと腹筋で、早く基礎体力をつけるべき) ダウンと言っても寝込 ...

私の心を癒す三ヶ所目は、ルアンパバン! 地球の歩き方先生をざっと読んだ感じ特に見所はなさそう。 バンビエンからバスで6時間と聞いていましたが、正しくはミニバンで4時間でした。 ねえ、どんな計算したらそうなんの?ねえねえ。 着いたのはお昼過ぎで気力もあるの ...

バンビエンは今日もいい天気。 毎朝早起きして、宿の近くにある屋台に行くのが日課になっております。 ここで食べるラオス式サンドイッチはベトナムのバインミーに似ていますがボリューミーかつリーズナブル! パンも中身も焼いてくれて、ジューシーでたまらんのです。 ...

私の心を癒す二ヶ所目はバンビエン。 自然を感じて何もしない贅沢、最高じゃないですか。 とのことで、まずは自然を感じるためにブルーラグーンと呼ばれる川だか湖だか、まあそんな様な所に向かいました。 相棒はマウンテンバイク、およそ7キロ、運動不足の身体には堪え ...

ラオス、その道は遥か遠く長いものでした。 昨日旦那が書いた通りの試練、からの地獄を経験し あの時の苦しさだけで映画一本撮れると思います。 なんなら昨日の記事を読むと恐怖で震えるほどです。 まだ身体は鮮明に節々の痛みを覚えていますが 精神的に辛すぎて若干、 ...

フエに到着したその足で、ラオス行きのバスを予約したんです。ぼくらがホイアン〜フエで利用したのはシンツーリストと言ってベトナムの中では全土にかなり広いバス網を持ち、システムもしっかりしている会社。フエの支店でラオス行きのバスはないか聞いてみたところ、あいに ...

↑このページのトップヘ