アテネに戻ってきた。
アテネでは、次の移動まで3日ほどあるので、基本的には次の移動先での計画やら、予約作業やら、そういうのに時間を充てつつゆっくり過ごすことにした。

というのも、アテネは治安が結構悪いらしい、と聞いていて、来る前から夫婦揃って戦々恐々としていた。だから宿もちょっと高いけど評価も高い、安心感のある所をチョイスしてしまい、それが故、宿の居心地の良さ、天候の悪さも相まって、ほぼ2日間は宿にお籠りして過ごした。
image
アテネで断トツに評価の高いホステルキンタ。
調度品や装飾がおしゃれで、清潔さは抜群。

ただこの宿は残念なことに共有キッチンがなく、食事はどうしても外に出なければならなかった。意を決して、身を寄せ合い足早に外食に出かけた。
image
何しろアテネは落書きが凄い。壁という壁は落書きで埋め尽くされ、凶悪な空気を醸し出している。
image
またそれに合わせて平日の昼間でもシャッターの下りているお店の多いこと。薄暗く人通りが全くない道もある。数年前の経済破綻の余波だろうか・・。

宿の人にオススメされた近所のケバブ屋はそんな一角にあったが、とても良かった。
image
ケバブは、この旅に出てからもう数え切れないくらい頂いて来たが、ここのお店は上位2位くらいに入る味だった。お店の人も明るく気さくで親切だった。

また、さらにその近所の食堂。
こちらはショーウィンドウの中に出来上がった料理が並べられ、いわゆる「指差し食堂」と私たちは呼んでいるが、見て料理を選べるタイプの食堂。
image
ラザニアのような料理と
image
魚料理。

この店も味が良く、値段も2人で14ユーロほどとお手頃だった。


3日目になって、恐る恐る観光に繰り出した。
image
初めて訪れた町の中心部は観光客で溢れ、お店も軒を連ね活気に満ちていた。
image
泊まっている宿の周辺とはガラリと雰囲気が変わる。こっちだけ来ると、別に治安の悪さは感じられず、むしろ印象が良かった。

有名なアクロポリスの丘に登った。

平日にも関わらずチケット売り場は長蛇の列。
入場料20ユーロ(高い)を払って入場料。
image
パルテノン神殿。
image
なんか劇場みたいの。



写真は撮りまくったが、歴史や背景の圧倒的な勉強不足が露呈し、結局よくわからんまま丘を下りてきた。

アテネの滞在はだいたいそれくらいだけ見て終わった。個々の場所は素晴らしいが、最初から抱いていた治安の悪いイメージが先行してしまい、正直あまりパッとしないという印象だけが残った。

残念。


おしまい
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
押していただくとランキングが上がり、モチベーションアップにつながります!ブログを読んで面白かったら押してください♪よろしくお願いします!!