メテオラの後は、「ザキントス島」に行くことに決定した。

ザキントス島とは、映画「紅の豚」の主人公ポルコのアジト、のモデルと言われる美しいビーチがあることで最近有名になっている場所だ。
image
このやつ。

せっかくここまで来たら行ってみたい!という奥様の強い希望で行くことが決まった。

ただメテオラからだと結構、いや、かなり遠い。アクセスも悪く、方法としては

①1回アテネに出て、そこから直行便で行く(距離的には遠回り)
②メテオラから直線ルートで行けるが4回くらい乗り継ぎがある。(延泊王子じゅんさん情報)

の2通りがあるようだ。

それで、②の乗り継ぎまくるルートは情報がないので、とりあえず遠回りだが簡単そうな①のルートを選択し、一旦アテネに向かうことにした。
image
まあこっちもこっちでかなりタフなルートだ。
まずアテネまでバスか電車で5時間かかる。
普段の私達ならこんなにも長い移動をしたあとはもちろんソッコーで宿に入ってベッドでゴロゴロ、スマホをポチポチ、してしまうところだが、今回アテネで1回落ち着いてしまうとザギントス島の天気が数日間悪天候になってしまい雨のザギントス島で数日間足止めになる。さらにタダでさえ押してまくっている今後の予定をさらに圧迫してくること必至だったため、天気の良いこの2日間が勝負だ!と、なんと強行で1日でザギントス島まで行ってしまうという暴挙に出た。


【メテオラから1日でザキントス島まで行く方法】

①アテネに向かう。
アテネへの行き方はバスと電車の2通りあるが、たぶん同日中にザギントスに着くためには始発の電車に乗るしかない。朝5:40発。チーン…。
あ、前回日記で奥様が試練と言っていたのはこの事です。1人18.3ユーロ。
ちなみに電車の運行はこの5:40発と、あと15時台と夜行が1本ずつのみ。なんだその最悪の設定は。
バスで行く場合は、トリカラまで出てそこからのアクセスになる。便数は多いがアテネ〜ザキントス島のバスに乗り継ぐためにはいずれにしても早朝の便に限定され、トリカラまで行く時間を考えると起きる時間はあまり変わらない。バスは電車より数ユーロ高いため、私たちは電車を選択した。

なんとか起き出し、早朝の駅に向かう。
image
まだ真っ暗。
image
直行と聞いていたのに1時間くらい走った駅で全員降ろされ、別の電車に乗り換えがあった。
全く聞いてなかったことだったが、あとから見たら切符は2枚綴りになっていた。つなぎの電車の方が乗り心地が良くアテネまで2人とも爆睡し、感覚的にはすぐ着いた。

②アテネからザキントス島へ
10:30頃アテネ駅に到着。
ここからbus station terminal Aを目指す。
アテネ駅からだと徒歩10分くらいのバス停(地図参照)で51番バスに乗れるので、その終点がこのバスターミナル。このバス停からだと10分くらいで到着。
image
バスターミナルにはザキントス島行きの専用窓口があり、そこでバス+船のジョイントチケットが購入できる。トータル37.5ユーロ。なかなかお高いがここまで来たら仕方ない。
出発時間は知らなかったが、たまたま12:15発というバスがあった。着いて1時間ほどの待ち合わせ、お昼ご飯を食べる余裕もあった。(1〜2年前の記事だと11:45発と書いてあったので、駅からバスターミナルまでかなり焦って行ったが30分遅くなっていて助かった。)タイムテーブルがなかったので、それ以外の出発時間はわかりませんが、朝の7時台、上の11:45、確か最終が15時くらい、とその記事にはあった。
image
右の白い建物が切符売り場、目の前の緑色のバスがザキントス島行き。


バスは順調に進み約4時間半でザキントス島に渡る港のあるkilliniに到着。
image
フェリーの眼の前で全員ゾロゾロと降車。
預けた荷物はそのままに、身ひとつでフェリーに乗り込むが、バスもそのままフェリーに乗り込むので安心。
image
適当に海を見たり、ソファでゴロゴロしたりすること1時間、ようやくザキントスの港に到着。
image
船を降りるとバスが既に待っていて、そのままザキントスの町のバスターミナルまで送ってもらって解散となる。

さて、そこから宿に向おうとすると、バックパッカー殺しのシステムが待ち構えていた。なんとシーズンオフの今は路線バスの運行が15時前には終わっていると言うのだ。いくらなんでも早過ぎる。島民は移動せーへんのか?

となると、必然的に移動手段は徒歩かタクシー。
歩いて行ける距離なら歩くところだが…地図で見てもざっと10kmはある。
ということで、タクシー一択。
うわーこれ、足元見られるやつだ。
交渉したが一台13ユーロから下がらなかった。
しかし他に手段がないからどうしようもない。諦めてタクシーに乗る。(結局、宿までタクシーでも相当な距離があり、13ユーロはまあ妥当だった)
だから、オフシーズンにザキントス島に行かれる方は多少高くてもザキントスの港からなるべく近い宿を選んだほうがいいです。遠いと結局タクシー代かかります。


ここまで14時間。

やっとザキントス島の宿まで到着です。


スーパーに買い出しに行き、晩ごはんを作って1日が終わった。



おしまい

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
押していただくとランキングが上がり、モチベーションアップにつながります!ブログを読んで面白かったら押してください♪よろしくお願いします!!