朝8時半、鉄道が運行するブダペストデリー駅に向かい次の国スロベニアの首都リュブリャナを目指します。
1人39ユーロ(約4460円)※私たちはユーロ払いにしました!
自由席で購入していたのですが、どこが自由席なのか分からずチケットを見ても書いていない。
適当に乗り込んだ先の乗客に、ここに座っていいの?と聞くと良いよーと言うので取り敢えず着席。
列車の前方に座っているとチケットチェックの車掌さんが「君たちはこの車両じゃない!ネクストだ!」と言うので隣の車両に移るとまた同じことを言われ3回ほど繰り返した結果、最後尾の車両だということが分かりました。
そして私たちと同じように荷物を抱えて移動してくる民が多数・・・
このシステム!意義あり!!!!!!
image
買っておいたパンを食べて寝て車窓を眺めながら寝てを8時間ほど繰り返して、ようやく到着。
image
到着するや否や、なかなかイカツイ列車を発見しました。有りと判断したその心意気、しかと受け取りました。

さて、着いたは良いけど天気は優れずあいにくの雨。しかも寒い。
もう夕方だし観光するのもちょっと〜とブー垂れながら一先ず宿へ荷物を置き、晩ご飯の調達をしにスーパーへ向かうと入り口にアジア人を発見・・・ていうか日本人・・・ていうか、マサさん?
え!マサさん!!!!!!!!!
うわあ〜!会えるとは思っていたけど偶然こんなところで〜!
しかも、同じ宿だということが分かりぐっと楽しさが増しました!
その晩、マサさんが色んな(美味しそうな)写真を見せてくださりこれからその場所を巡る私たちに多大なる期待を抱かせてくれました!
翌日バス停まで一緒に行き私たちはブレッドという町まで、マサさんは別の場所を観光するため早くもお別れ。
image
気をつけて旅を続けてくださいね〜!いってらっしゃ〜い!

私たちが行くブレッドは、バスで2時間の距離にあります。1人7.5ユーロくらいだったような。
到着した時は雨が上がった後だったため、急いで観光へ向かいました。
まずは、渓谷を見るため3キロほど歩きます。
image
image
道中は長閑な景色。ああ、素敵。
渓谷の入り口の料金所で1人4ユーロを支払い、いざ!
image

image

image

image

水が澄みまくっていてマイナスイオンが出てました〜これぞ自然の癒し!私のダニ被害が癒えるようだ!(まだ完治せず)
滝を下から眺めるスポットがあるようで、ぬかるんで泥塗れの鬱蒼とした道無き道を半泣きで進んでいった挙句、辿り着けずに靴とズボンを汚すだけ汚して帰ってきた話は止めときましょうかね。思い出すと震えるし。
そして熊が出そうな真っ暗な森を抜け、ようやく人間たちの住むところに帰って来れました!
image
この奥から生還。
image
人間たちの住むところ。

意外と歩き回った1日でヘトヘトでしたが、晩ご飯のパスタが本だしのおかげでスペシャル美味しかったので明日も頑張ろうと思えました。
明日の天気予報雨だけど・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
押していただくとランキングが上がり、モチベーションアップにつながります!ブログを読んで面白かったら押してください♪よろしくお願いします!!