ある有名なブロガーの方が、日本人宿で沈没する事を、「現実逃避中の現実逃避」とおっしゃっていました。ただでさえ、働きもせずに海外をふらふらして現実逃避をしているのに、そのことにすら疲れて、日本人宿という何の苦労も無い環境で、宿に篭って漫画を読んだり映画を見たりネットに溺れたりして、旅という現実からも逃避することを言うらしいです。何という的を射た名言。。

さて、そんな生活も7泊目になりましたので、いよいよふたりとも危機感を覚えまして、この堕落生活からの卒業をすることにしました。

せっかくですので、最後にこの8日間で私たちがブダペストでやったことの総まとめをご覧ください。

①市内ぶらぶら
image
なんとか大聖堂より市内を臨む。
image
廃墟マーケット
image
なんかよくわかりませんでしたが、オーガニック製品なんかの即売会のようなところ。建物の装飾が廃品を集めて作られているのがおもしろかったです。

②古着屋巡り
image
ブダペストは古着屋さんがいっぱい!とくにこのretrockっていうお店はかわいい服がいっばいありました!

③夜景鑑賞(過去記事参照)
image
image

④ラビリンス(過去記事参照)
image

⑤高級食材天国
image
フォアグラ(過去記事参照)
image
マンガリッツァ豚のステーキ。これは「ハンガリーの国宝」と呼ばれているブランド豚。豚って言うかもう牛でしたね。ミディアムレアでいただきました。美味すぎるのに、こんなに大きなの(250g)食べて、ひとり200円。贅沢にも程がある。。

⑥散髪(アンダンテホステルの目の前にある美容室)
image
バリカンで一気に刈り上げるパワープレー。
残った髪の毛に適当に水を振りかけ、ザクザクと切っておしまい。洗髪は特にありません。約10分で終了。2500フォリント(約980円)。



いやー、それにしても過去記事参照ばっかり。



あと、ここに書いてませんが漫画はふたりとも死ぬほど読みました。



そんなことも含め、ここアンダンテホステルは噂通り居心地が本当に良かったです。その1番の理由は、前回嫁も書いてましたが管理人の金子さんの醸し出す空気!ご飯を振舞ってくださったり、観光に連れて行ってくださったり、また気配りや声かけも全宿泊者に分け隔てなくしてらっしゃって、それはそれはとても癒されました!金子さん、またいつか泊まりに行きたいです!本当にお世話になりました。ありがとうございました!
image

世界一周中の旅人さんともたくさん出会いがありました。
ジョージアでもチラッと出会っていた、延泊王子ことじゅんさん。(ブログはこちら→ひとり。ふたり。

久しぶりの同年代、明るくて行動力バリバリのシモーネさん。(ブログはこちら→イレブンバック

東回りで世界一周中、モロッコの魅力を目をキラキラさせて教えてくださったマサさん(どっかで近々再会する気がする人)

南京虫に刺されまくって手足ボコボコで登場した大学生マエダさん。(タイガーバームあげたら2日で完治するツワモノ。っていうか若いから。)

他にもお名前を聞いていないけど、たくさんの旅人さんに出会いました!


また世界のどこかでお会いしましょう!



涙で霞む目を擦りながらブダペストを後にしました。

おしまい
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
押していただくとランキングが上がり、モチベーションアップにつながります!ブログを読んで面白かったら押してください♪よろしくお願いします!!