ブダペスト市内の、王宮近くに面白いラビリンス(迷路)があるというので、宿の皆さんと行ってきました。

image
民家?と思うような入り口を降りていき、チケットを購入。ひとり2500フォリント(約940円)。
image
洞窟のようになっていて、初っ端からなかなかの暗さ!!
image
ペンライトもしくは携帯のライトは必須です。完全に真っ暗なところも通ります。
image
時々現れるよく文脈のわからないマネキンたち…。物語を勝手に想像するしかない。

後半は、霧の立ちこめる演出の中進みます。
image


…と、闇の中に鉄格子。
image





Σ(・□・;)



え、怖い。





さらに進むと、こちらにも。
image

え、怖い。


そしてさらに進むと…



image





お分かり頂けただろうか。





image


いや……なにこれ…。





続きまして、生首。
image



洞窟内は気温が非常に低いため、恐怖と相まって全員で震えました。

それにしてもこのコンセプトの一環してなさは一体。。

image
最後に現れる謎の王座、と自称「沈没王子」の潤さん。。


最後までよくわからないまま1時間ほどで終わりです。


まあおもしろいのでぜひ行ってみてください!!

おしまい
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
押していただくとランキングが上がり、モチベーションアップにつながります!ブログを読んで面白かったら押してください♪よろしくお願いします!!