朝6時起きで港に向かいます。
image
エストニアのタリンから、フィンランドの首都ヘルシンキまではフェリーでたったの2時間半!
ここまで来て行かずに帰るわけにはいかないでしょう、ということで海を渡ることになりました。

船は何社も運行されていますが、どこの船も大きくて立派な船。以前、黒海を渡ったフェリーよりもさらに大きな船です。
image
朝7時というのにターミナルには大勢の人。
日帰りで往復もできるので、手ぶらの人や小さい子供を連れた親子連れもたくさん。

定刻で出航。
今日は幸運にも快晴!
しかしもう甲板は寒いので、ずーっとカフェテリアのようなところでじーっと過ごしました。
image
嫁はほぼ全編に渡り寝てました。どこでも眠れる体質、羨ましい。

2時間半でヘルシンキに到着!
窓から見える港や街並みがすでに美しい。
image
ワクワク!

しかし、美しい、綺麗、かわいい、ということは「高い」という事です。

そう、ここフィンランドを始めとする北欧は世界でも屈指の物価の高さで有名!だから、バックパッカーにも敬遠されがちなこの地域。なぜ来てしまったんだ…(^^;;

まずはヘルシンキ駅を中心とする繁華街を目指します。距離は地図で見ると2.6kmほどありますが、当然徒歩で向かいます。15kg背負っての2.6kmなので相当堪えますが、トラムも高いのです。ひとり3.2ユーロ(約370円)します。ウクライナだとひとり6円だったので、60倍以上の価格差…!!狂ってる…世の中狂ってるっ!!

そんな事を言いながら、えっちらおっちら歩きます。
image
途中、かわいいお店や建物が多く見られ、ふたりでワーキャー言いながら、汚いリュックを背負って歩きます。
image
もちろん何も買えません。

駅まで着いたので、取り敢えず荷物を駅に預けることに。ヨーロッパでは、駅には必ず荷物の預かり所があります。お金を払って、係員に預かってもらいます。
と、思いきや、普通にコインロッカーがあった!!ご無沙汰です!コインロッカー!やっとコインロッカーを使っている文明社会までやって来れたことに夫婦揃って感動。
料金は6ユーロ(約680円)。嘘でしょ…。
荷物預けるだけで700円近く取られるこの国、どうなってんだ…。

レストランも10ユーロ以上がデフォルト。
もちろん手が出るわけもなく、スーパーで買ったひとつ50円くらいのパンを3つずつ買って公園で食べました。でも悲しいくらいにパンのクオリティも高い!なんだかんだ満足して、午後からも街歩き。

バルト3国もとても美しかったですが、フィンランドも負けずに綺麗な国。
image
ヘルシンキは港が大きく、神戸や横浜の雰囲気もあります。また、バルト3国に比べると人も多くてすごい都会。
image
バーガーキングもスタバも久しぶりに見ました。
image
こちらはヘルシンキ駅の中のバーガーキング。内装がとても綺麗だったので思わず激写。
image
駅舎も重厚感があって素敵。

image

image
街は緑が多く、公園で憩う人々も沢山。
image
憩う…人々…ひと…ん??

image



ポケモンgoやっとるやないかいっ!!


半日くらい観光して、本日のお宿にトラムで向かいました。
image

1泊ひとり30ユーロ(約3400円)

(※もちろん普通のドミトリー、トイレ、風呂共同、ウクライナなら400円で泊まれるレベル)

もう勘弁して…w


おしまい
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
押していただくとランキングが上がり、モチベーションアップにつながります!ブログを読んで面白かったら押してください♪よろしくお願いします!!