おみそれ

2016年05月

堕落生活に終止符を打って、ウズベキスタンにやってきました!あ、暑い…。 さて、ウズベキスタンへの移動ですが、色々大変です。 何が大変って、ウズベキスタンに行くのにカザフスタンを経由しなければならないこと! 国境を接しているのに、ビシュケクからウズベキ ...

旅に出て早5ヶ月。 出発前にベリーベリーショートにした髪の毛も、さすがに伸びてきて自分の中では過去最高の長さになりました。 インドくらいから薄々、これはもう限界と感じていたのですが、さすがにインドの汚ったない青空理髪店に入る勇気もなく、そのままキルギスま ...

ウズベキスタンビザを取得しました。 やり方はネットにもたくさん出ていますが最新情報をば。 【申請手順】 ①申請に行く日のアポを大使館に電話でする。 私たちはさくらゲストハウスのおばちゃんにかけてもらいました。(+966)0312663078 金曜日に電話して、火曜 ...

毎日YouTubeをしているわけにもいかないので、こうすけさんと3人で美術館に行ってきました! 1人50ソム(約80円)今の展示内容はこちら。 軽い気持ちで入ってすぐ後悔。 一階の展示は、バスマチ蜂起をテーマにした作品たちでした。 バスマチ蜂起とは、第一次世界大戦 ...

キルギスにも、スカスカと呼ばれるグランドキャニオンのようなものがあるらしくビシュケクに帰る前に寄ってみることにしました。 トン村から近くの町ボゴンバエバまでは、オーナーさんに「私も行くからついでにいかが?」と声をかけて頂いたのでお言葉に甘えて連れて行って ...

1日体を休めて、次はイシククル湖の南にあるトン村を目指します。 トン村ではユルトという遊牧民の伝統的な住居に泊まることが出来ます。 カラコルのCBT(観光局)に行きトン村で泊まりたい旨を伝えるとサクッと手配してもらえます。 宿泊場所はCBTが斡旋しているBeltam Y ...

予定になかったトレッキングのため準備不足の我々。 山に慣れてるこうすけさんに持ち物や服装を教えてもらいながら荷造りをして、朝9時頃宿を出発しました。 因みに持ち物は一泊二日分を必要最低限にしてサブバッグに詰め込み、メインバッグは無料で宿に置かせてもらいまし ...

だらだらと10泊もしたビシュケクを遂に脱出して、キルギス東部のカラコルに移動しました。 カラコルは世界第2位の透明度を誇るイシククル湖を望む街で、秘境アルティンアラシャンのトレッキングへの基地となっている街でもあります。 私たち夫婦はもちろんヘタレですから ...

晴れた晴れたー! 何日か続いた雨も止み、有名な日本人宿の南旅館近くにあるバザールにやって来ました。 ここに来た目的は、マイコップと電熱コイルを買うこと! 今いる宿では皆自炊をしているので真似して自炊を始めたところ思いの外ハマってしまった我々。 こうすけさ ...

まだビシュケクにいます。 昨日か一昨日、嫁が言い出した。 歯の詰め物取れた…。 しかもちょっと痛い…。 えーっと、歯の治療は基本的に海外旅行保険の対象外なのです。保険の対象外ということはかかった治療費は全額自己負担。だから、歯だけは治 ...

↑このページのトップヘ