おみそれ

2015年12月27日出発!
タイ→マレーシア→ミャンマー→タイ2回目→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ3回目→マレーシア2回目→シンガポール→モルディブ→スリランカ→インド→キルギス→ウズベキスタン→キルギス2回目→カザフスタン→アラブ首長国連邦→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→ジョージア2回目→ウクライナ→ベラルーシ→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→スウェーデン→ポーランド→チェコ→スロバキア→オーストリア→ハンガリー→スロベニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→クロアチア2回目→モンテネグロ→アルバニア→マケドニア→コソボ→マケドニア→ブルガリア→ギリシャ→スペイン→モロッコ→スペイン2回目→メキシコ→アメリカ→日本(2017年1月24日帰国 旅行期間393日 43カ国周遊)

マラケシュと言えば、モロッコ随一のお買い物天国! あまり買い物をしない私たちも、カラフルな可愛いお土産たちにメロメロになりました。 ポーチやバブーシュ革製品、アルガンオイルやローズウォーター、陶器やタジン鍋などなどなど。 欲しいものは数あれど、どこを見て ...

ワルザザートにはもう1泊して、翌朝のバスでマラケシュに向けて出発。毎度御用達のスープラツアーでひとり90ディルハム所用4時間。 ワルザザート〜マラケシュの間は、砂漠あり、雪をかぶったアトラス山脈ありのスペクタクルな景観が楽しめる一方、山道が続き車酔いに苦 ...

いよいよノリコさんともお別れ。 この日は宿泊者全員が出発する日で、寂しさがぐっと増しました。 最後にみんなで記念撮影。 日本食だけではない魅力がたくさん詰まった宿でした。 出来ることなら雇って欲しいくらいでしたがそうもいかないので、出来る限りお話をしま ...

到着した時は10人近くもいた日本人も日数を重ねる内にひとり、またひとりと去っていき、シャウエンから一緒だったまえださん、ひろあやさんご夫婦も遂に去り、残ったのは私たち夫婦と、同じタイミングでチェックインしたシマダさんの3人になってしまった。 がらんとした共 ...

メルズーガから約4時間半、1人95ディルハム(約1030円)で到着したのはティネリール。 ここから目指すのはトドラ渓谷!の近くにある有名な日本人宿「Maison La Fleur」通称ノリコハウス! どこの宿にするか迷いに迷いましたが、朝食付き・夜は和食というこちらの宿が魅力的 ...

翌日1泊2日の砂漠ツアーに出発。 メンバーはシャウエンから一緒のまえださん、ひろあやさんご夫婦、リヤドマムーシュに宿泊されていた日本人の方3名、と私たち夫婦の8人とまあまあの大所帯。 あいにくの曇り空の下ラクダにまたがり砂漠の中へ。 ところでラクダの乗り心地は ...

フェズからメルズーガまではお馴染みCTMで1人160ディルハム(約1700円) 宿は色々迷った結果、リヤド・マムーシュに決めて人伝に予約をしてありました。 リヤド・マムーシュではバス停まで迎えが来るらしいとの情報があり、どうやらメルズーガの一つ手前の村ハシラビットで ...

シャウエンでは何故か旅人が大集合しており、たった2日間の滞在ながらとても楽しい時間を過ごすことができた。 スペシャルサンクス!ジョージア以来の偶然再会さのさんご夫婦!ブダペストアンダンテホステル以来の偶然再会ひろあやさんご夫婦!同じくアンダンテホステル以 ...

フェズからシャウエンまではCTMというバス会社で片道1人75ディルハム(約800円)4時間の道のりです。 帰りのチケットはすぐ満席になるとのことだったので、往復で予約しました。 シャウエンのバスターミナルからメディナまでは1キロくらいなんですが結構エグめの坂道が続き ...

昨日は夜だったので気付きませんでしたが、意外と町が汚れている!それでも思っていたよりは随分キレイ! 長いことヨーロッパに居たため異国感に感動してしまいます。 景色がもう全く違う!そして客引きも居るし日本語で話しかけてくる人も居る! 「日本から来たのー ...

バルセロナからのルートを悩んだ時、そのまま陸路で南下して行き、船でモロッコに渡ろうと当初は考えていた。ところが飛行機を調べてみると、バルセロナ〜フェズが荷物代金を入れてもひとり8000円ちょっとでチケットが買えるではないか。 陸路で行くと少なくとも数日に渡っ ...

少し肌寒くて、空気が澄んでいるような爽やかな朝。 滅多に早起きをしない私たちはこの景色だけで、グッときてしまいます。 苦手な早起きをしてまで来たかったのは、ガウディ作品の一つでもあるグエル公園! なんと朝8時半までは無料開放していると教えてもらって、早 ...

スペインに来るだいぶ前から、スペインはご飯がめちゃくちゃおいしいと各方面から聞いていた。スペインでは、バルと呼ばれる居酒屋(バー)が町のいたるところにあり、タパス(小皿料理)をつつきながらお酒を飲むのが一般的なのだと言う。そして、このタパスのレベルが高い。し ...

アテネから飛行機に乗り、降り立ったのはスペインのバルセロナ! 美味しいご飯に美術にサッカーと盛り沢山なスペインでは欲望の赴くままに散財する所存でやって来ました。財布の紐もゆるゆる! バルセロナの日程は4泊5日、ぼんやりしている暇はありません。 生ハム食べて ...

アテネに戻ってきた。 アテネでは、次の移動まで3日ほどあるので、基本的には次の移動先での計画やら、予約作業やら、そういうのに時間を充てつつゆっくり過ごすことにした。 というのも、アテネは治安が結構悪いらしい、と聞いていて、来る前から夫婦揃って戦々恐々とし ...

↑このページのトップヘ